採用情報

事業概要

IoT/M2M

内容

菱友システム技術では、様々なSoC(注1)基板を用いた、IoT(注2)/M2M(注3)製品の開発に携わっています。これらの製品では、インターネット通信技術をベースに、複数の機器が人手を介さずに情報交換を行うことにより、全体として大きなシステムを構築できます。
例えば、複数の計測装置や制御装置、ヒューマンインタフェースを持つ監視などがネットワークケーブルで接続し、お互いに通信で情報交換をしながら、一つのシステムを構築することが可能です。
(注1)SoC:System on a Chip
(注2)IoT:Internet of Things(モノのインターネット)
(注3)M2M:Machine to Machine (マシーン・ツー・マシーン:機器間通信)

適用技術

SoC基板組込みソフト開発、インターネット通信技術、Web技術

開発環境

OS:Linux、Windows、Android
言語:C/C++、Python、Java、XML、HTML5
開発ツール:各種オープンソース

適用分野

DIASYS Netmation® 、各種IoT製品、各種M2M製品、運転データ監視

適用事例

DIASYS Netmation®

DIASYS Netmation®

DIASYS Netmation®、DIASYS-IDOL++は三菱日立パワーシステムズ株式会社の商標または登録商標です。

SoC基板を用いた遠隔監視システム構築例

SoC基板を用いた遠隔監視システム構築例
このページのトップへ